再現答案(公認会計士試験)

公認会計士試験は、相対試験です。どんな試験問題かということも重要ですが、
他の受験生がどんな答案を書いたか、が最も重要です。
短期合格のための効率的な勉強法を構築するうえで、そのゴールを見据える必要があります。 
以下は、当サイトの理念に共感していただいた論文式試験受験生の協力により、作成されたものです。

公認会計士試験は2006年度より新試験です。今年は未知との遭遇でした。そのパイオニア達が、再現答案の作成に協力していただいていります。

再現答案ですから、必ずしも、提出した答案そのままというわけにはいきません。
受験生は再現答案を書くために試験を受けているのでなく、
合格するために受けているのですから。

試験終了後、記憶がまだ新しいうちに、がんばって思い出して書いていただきました。
作成者は大変な労力で再現していただきましたが、
人間ですので、記憶違い等がある可能性もあります。

そのあたりは冷静に割り引いてご利用ください。
会計学、経済学などの計算科目はともかく、企業法、民法、経営学、監査論などは
特に、本試験で書いた内容と異なる場合があり得ます。