管理人について

管理人について

公認会計士(旧試験)2000年度二次試験合格、2003年度三次試験合格、2004年公認会計士/税理士登録

今はこじんまりと、仕事をしています。

二次試験合格直後から、勉強法サイトSpoksLogを立ち上げ
公認会計士登録直後から、合格体験記集CPA-LAB立ち上げ

2008年頃から本業が忙しくなり、WEB活動中断

2022年、少し本業が落ち着いたので、かつての気持ちを思いだし、CPA-LAB再開

公認会計士試験 合格体験記募集

公認会計士試験、合格体験記募集

合格体験記の募集を再開しました。(2022年3月25日)

cpa-labでは、公認会計士試験の本音の合格体験記を募集しています。(過年度合格者でもOKです)

あなたなりの勉強法を教えてください

あなたにとっては「ちょっとした」ことであっても、他の人にとっては「ものすごく役に立つ」があると思います。テクニックでも、考え方でも、あなたの思いでも、受験感想文でもかまいません。ぜひご応募ください。

あなたの経験を書くだけで2万円。

そもそも管理人が公認会計士試験の体験記を募集する理由はこちら。

応募資格

  • 公認会計士試験論文式本試験の全科目合格者(2019年度以降)
(免除科目あってもOK。)
  • 科目合格者は対象ではありません。(過年度に科目合格または免除して、今年一括合格ならOK)。
  • 他の専門学校などが出版する合格体験記に執筆する人,した人は、対象外です。

選考

先着順で予算がなくなり次第終了します。
いきなり体験記を送りつけることはおやめください。

無償でOKの方は、年がら年中、いつでもOKです。

字数

基本的には好きなように書いていただきますが、次の内容を含むようにしてください。
  • 差し支えない範囲で成績開示の内容(短答、論文)
  • 総合的な事+各科目の勉強法を区別して書くこと
  • 最低4000字。
報酬  2万円

ご自分の採点前解答の開示請求をしていただける方は、+1万円
(個人情報等は隠した上で、差し支えない範囲で公開します。)

趣旨

専門学校のバイアスのかからない、本音の合格体験記

お願い

 後に続く受験生にとって有用であると考えることを書いてください。できれば自分の答練の成績や予定表など、受験生が具体的に参考になるデータを添えてください。(データは字数にカウントしません)

応募方法

メールアドレス
ma.jpg
に、ご連絡ください。
必ず件名に「CPA-LAB公認会計士試験合格体験記応募」と記載してください。

ツイッターでのDMでも結構です。スポックCPA-LABツイッター

・メール、ツイッターにて連絡
・スポックからの連絡をまってください。数回メールにて打ち合わせを行います。
・スポックより原稿依頼をいたします。
・原稿をスポックまでメール送信していただきます。
・場合によっては、加筆訂正をお願いいたします。
・原稿料を銀行振込にてお支払します。

注意事項!!

原稿執筆者は、以下の規約を了承するものとします。
CPA-LAB公認会計士試験合格体験記 応募規約(2022年3月20日)
  1. 投稿より1年間、コメント欄等にて名指しで質問があった場合これに誠実に答えること。名指し質問でなくても回答するよう努力すること。(常にコメント欄をウォッチしている必要はありません。名指し投稿があった場合はスポックより連絡します)
  2. 1年間はスポックとメールで連絡がとれる体制を堅持すること(アドレスは公開はいたしません。私が知るのみです)
  3. 選考通過連絡または正式依頼メールから3週間以内に合格体験記を提出すること
  4. 応募していただいた原稿の著作者財産権はすべてCPA-LAB及び管理人スポックに属するものとし、他の企画(WEB、出版等)に流用することがあっても応募者は異議申し立てをしないものとします。
  5. 他の企画流用の場合であっても追加の報酬はないものとします。
  6. 応募者は、応募いただいた合格体験記を有償、無償にかかわらず、CPA-LAB以外の個人、団体に提供してはなりません。自らのWEBサイト、ブログ等も同様です。
その他注意事項
  • 本名、メールアドレス等を公開する必要はありません(公開したい人は公開しても構いません)
  • 合格者であることの確認のため、受験番号と名前、住所はご連絡いただきます(スポック以外に知ることはありません)
  • スポックの勉強法に対して迎合する必要はありません。本音の投稿をお待ちしております。
スポックが、合格体験記を募集を再開する理由はこちら。

さあ、後に続く後輩のために、合格体験記を書いてもいいな、と思った人はぜひご連絡ください。

FAQ

  • Q 対象は一括合格者だけですか?
  • A はい、そうです。
  • Q 税理士(不動産鑑定士、弁護士)なので、免除科目があります。免除科目の分は書けませんが、それでもいいですか?
  • A 問題ありません。
  • Q 個人情報はどこまで教えなくてはならないのですか?
  • A WEB上で公開はしませんが、合格者であることの確認のため、以下のものはご連絡いただきます。
・本名
・受験地、受験番号、受験年度
・口座番号、名義
・連絡用メールアドレス
  • Q 個人情報の管理はどうなっていますか?
  • A 管理人が細心の注意を払って管理します。不要になったと判断した時点で破棄する予定です。
  • Q 本当に報酬を払ってくれるのですか?
  • A はい、払います。過去の実績があります。信用できない場合は申し込まないでください。
  • Q 報酬の受取方法は銀行振込のみですか?
  • A はい、そうです。

履歴

2004年頃 SpoksLog公認会計士試験合格のための勉強法支援サイトから合格体験記コンテンツを分離
2008年頃 本業多忙のため、更新停止
2022年1月頃 CMSの脆弱性を突いた攻撃を受け、コンテンツ全消失 (しばらく気がつかなかった)
2022年3月  かろうじて残っていたコンテンツのみ復活させる

少し仕事も落ち着いてきて、何か受験生の役に立つことができるかどうか思案中

krさん

公認会計士試験 再現答案 2006年度

2006年度合格者の再現答案、しかも統計学選択者です。

専門学校 LEC
全国模試未受験
受験3回目(2002,2003短答合格)
ブランク2年社会人受験生
統計学選択

管理会計
kannrikaikei_touan_2006_1.jpg
kannrikaikei_touan_2006_2.jpg
kannrikaikei_touan_2006_3.jpg
kannrikaikei_touan_2006_4.jpg
kannrikaikei_touan_2006_5.jpg
kannrikaikei_touan_2006_6.jpg


監査論
kansa_toan_2006_1.jpg
kansa_toan_2006_2.jpg
kansa_toan_2006_3.jpg
kansa_toan_2006_4.jpg


企業法
kigyouhou_touan_2006_1.jpg
kigyouhou_touan_2006_2.jpg


租税法
sozei_touan_2006_01.jpg
sozei_touan_2006_02.jpg
sozei_touan_2006_03.jpg
sozei_touan_2006_04.jpg
sozei_touan_2006_05.jpg
sozei_touan_2006_06.jpg
sozei_touan_2006_07.jpg
sozei_touan_2006_08.jpg
sozei_touan_2006_09.jpg
sozei_touan_2006_10.jpg
sozei_touan_2006_11.jpg


統計学
toukei_toan_2006_1.jpg
toukei_toan_2006_2.jpg
toukei_toan_2006_3.jpg
toukei_toan_2006_4.jpg
toukei_toan_2006_5.jpg
toukei_toan_2006_6.jpg


財務諸表論
zaimukaikei_touan_2006_1.jpg
zaimukaikei_touan_2006_2.jpg
zaimukaikei_touan_2006_3.jpg
zaimukaikei_touan_2006_4.jpg
zaimukaikei_touan_2006_5.jpg

再現答案(公認会計士試験)

公認会計士試験は、相対試験です。どんな試験問題かということも重要ですが、
他の受験生がどんな答案を書いたか、が最も重要です。
短期合格のための効率的な勉強法を構築するうえで、そのゴールを見据える必要があります。 
以下は、当サイトの理念に共感していただいた論文式試験受験生の協力により、作成されたものです。

公認会計士試験は2006年度より新試験です。今年は未知との遭遇でした。そのパイオニア達が、再現答案の作成に協力していただいていります。

再現答案ですから、必ずしも、提出した答案そのままというわけにはいきません。
受験生は再現答案を書くために試験を受けているのでなく、
合格するために受けているのですから。

試験終了後、記憶がまだ新しいうちに、がんばって思い出して書いていただきました。
作成者は大変な労力で再現していただきましたが、
人間ですので、記憶違い等がある可能性もあります。

そのあたりは冷静に割り引いてご利用ください。
会計学、経済学などの計算科目はともかく、企業法、民法、経営学、監査論などは
特に、本試験で書いた内容と異なる場合があり得ます。